おすすめ書籍

ここでは、オススメの書籍を紹介いたします。

転職2.0 日本人のキャリアの新・ルール /村上臣

created by Rinker
¥1,760
(2022/09/24 16:27:38時点 楽天市場調べ-詳細)

転職2.0は、リンクトイン・ジャパンの代表である村上臣さんの著書です。

この本では、これまでの転職を転職1.0、これからの転職を転職2.0とし、以下のようにまとめています。

転職1.0 転職2.0
目的 1回の転職の成功
(転職=目的)
自己の市場価値最大化
(転職=手段)
行動 情報収集 タグ付けと発信
考え方 スキル思考 ポジション思考
価値基準 会社で仕事を選ぶ シナジーで仕事を選ぶ
人間関係 人脈づくり
(狭く深く)
ネットワークづくり
(広くゆるく)

転職というタイトルではありますが、内容としては転職ありきというよりも、より良いキャリアを築くための手段の1つとして転職が位置付けられています。

そして、より良いキャリアを築くためのキーワードとして、タグ付けがあります。

タグ付けの詳細はぜひ本を読んでもらいたいのですが、資格取得もタグ付けをするために良い方法ではないかと私は考えています。

ぜひこの本を読んで、タグ付けという考え方を理解し、より良いキャリアを築いていってほしいと思います。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法/北野唯我

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法/北野唯我
created by Rinker

この本もタイトルに転職とありますが、内容としてはより良いキャリアを築くための方法論です。

「このままこの会社にいていいのか・・・」と悩む主人公に対しコンサルタントがキャリアの考え方を指南していくストーリー形式となっており、ストーリーを通して私たちにも様々な学びを与えてくれます。自己啓発本やビジネス書に抵抗のある方でも読みやすい内容です。

この本のキーワードとしては、マーケットバリュー(市場価値)が挙げられます。

自身のマーケットバリューを上げるためには、どのような転職が必要なのか。そもそも転職は必要なのか。

決して転職を勧めるわけではありませんが、マーケットバリューという考え方から自身を客観的に見てみるためにも、一度この本を読んでみてはいかがでしょうか。